保育士の転職事情
 

保育士の転職例

 就職する前に保育園を内側から見てみよう
 保育士の資格がいらない24時間保育園
 働きながら保育士の資格を取った


就職する前に保育園を内側から見てみよう

私は保育士志望でしたが、保育園で働くのは嫌で施設(乳児院、児童養護施設など)の勤務をしたいと思い施設の求人を探していました。
何故保育園で働くのが嫌だったかと言うと、実習で行った先の保育園の人間関係がドロドロ(女の世界という感じ)しており、それに比べ施設は男の方もいらっしゃいますので人間関係が悪いと感じなかったからです。
また、施設の方が自分が思う保育ができると思ったからです。

福祉の求人は出るのがとても遅く、一般の企業志望の方はすでに就職が決まっているのに、自分はまだ就活もしていない状況でした。
むしろ、早いうちから求人を出しているところは勤務的にしんどいという持論をたて、たくさん求人が出てくる4回生の秋頃から本格的に就活を始めました。

求人を探すのは大学生では先生からのコネか自分で探すかだったのですが、私はネットの福祉・保育士求人サイトをよく利用していました。
とりあえずは一回面接受けてみるかという軽いノリで近くの児童養護施設の面接を受けました。
初めてだったので緊張しましたが、保育士と社会福祉士(どちらも当時は見込)の資格を持っていたのですぐ採用されました。
面接で感じた園長の雰囲気・現場で働く保育士の話から私もここで働きたいと思い働く意思を伝えてめでたく就職先が決定しました。
何より、自分がしたいと思っている保育ができると思ったからです。

もちろん、施設ですから24時間運営しているし、残業もよくあることは覚悟はできていました。
しかし働いてみるとやはりしんどい。
何がしんどかったというと、子ども達との接し方で悩んでいた時の先輩の接し方です。
1年目は子どもになめられるのも仕方ないと思いながら、自分の中で線を引いて子ども達と接していました。
でもさすがになめられていると子どもが話を聞かなかったり、危ない場面もあったりするので、どうすればよいか先輩に相談していました。
チームリーダーに相談したのですが「そんなん自分で考えてやり。聞くのは間違っている」と言われました。
なので自分で考えて指導していたところ、たまたま私の指導を見ていたチームリーダーから「何であの時私に言ってこなかったの」と言われました。
なんて理不尽な人なのだと私は思いました。
しかもチームリーダーは何をするにも子どもによく怒るのです。チームリーダーの保育方針は自分を怖い存在と思わせることでスムーズに生活を送らせることだったので、
私からしたらそこで怒る必要あるのかと思うときも何度もありました。

私はどちらかというと、おっとりめで子ども達に優しく接して(もちろん厳しく怒ることもありました)子ども達に毎日を楽しく過ごしてほしいと思い保育をしていました。
なので、お互い合わなかったのでしょう。私はよく呼び出され指導されていました。
自分の中で反省しなくてはならないところも多かったのですが、そこは違うでしょと思った事については1年目といえども反論していました。

学生時代の施設実習の時は私と同じような考え方の保育士さんが多く、施設なら私が思いえがける保育ができると思っていたのですが、実際働いてみると全く違いました。
そんなチームリーダーだったからか、チームは8人いたのですが人間関係もギスギスで仕事をやめたいとまで思いました。
幸い1年目悩んでいた子どもの接し方も上手くなり、子ども達になつかれていたのですぐにはやめませんでした。
子どもと関わる上でしんどい時もあり影で泣いたりもしていたのですが、子ども達の笑顔が見られたら嬉しくて施設の仕事は楽しかったです。
しかし、大人とのいざこざはしんどい上に見返りもないということで結婚を機に施設を4年目で去ることになりました。

私が思うに、反省点はよく調べもしていない施設に一発で受かったからといってすぐ就職してしまったことです。
もし時間が許すなら、すぐ辞められるようにバイトやボランティアなどで働こうと思っている園に行き、その場で働いている保育士さんの表情・子どもの接し方・自分の思う保育と合うかどうかを見てから就職したほうがよいと思いました。
参考元:保育士求人バンク

保育士は女性が憧れる職業の一つですが現実は厳しいものです。
低賃金なのに精神的な負担が大きいからです。
これから保育士の資格を取る学生さんは、働いている保育士から話を聞いて、現実を知ってみるのもいいかもしれません。


Copyright © 保育士の転職事情. All Rights Reserved.